インテリアコーディネーター 参考書 問題集
インテリアコーディネーター 情報
インテリアコーディネーター カテゴリー
月別アーカイブ
インテリアコーディネーター 資格情報
フリーとして独立も夢ではないインテリアコーディネーター
衣食住とよく言いますがまさに住むということは人にとっての基本原則
さらに家具一個ある場所によってもそこに住む人の生活って変わってきますし
配色で人って元気になったり前向きになったりもします
目立たずともインテリアって自然と我々に共振しながら生活しているのです
快適な住空間を作るため家具や照明など時にスタイリッシュに
また個性的に演出するインテリアコーディネーター
現在は25歳以上という受験制限も撤廃され
1次試験と2次試験を一度に受験することも可能になりました
ファッションセンスや色彩感覚 個性はいろいろ
自信を持ってやり続ければ相性のよいクライアントと出会えるはずです

インテリアコーディネーター参考書はこちら 一次試験 二次試験 参考書 問題集


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


インテリアコーディネーター参考書はこちら 一次試験 二次試験 参考書 問題集


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
インテリアコーディネーターとは
インテリアコーディネーターとは

幅広いインテリアの商品知識を持ち
一般住宅から店舗 事務所など
その空間を使いやすく
依頼主や施工業者のリクエストや予算も考えた上で
実際にインテリアの計画から商品の選定まで行うインテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターのイメージって
センスがよい人が家具やカーテン 照明器具を選んで
配置するお仕事と思われていますが
実状は依頼主や施工業者との打ち合わせが多く
予算の中でいかにその空間に配置するのに適したインテリアを
プレゼンできるかが勝負の分かれ道です

もちろんインテリアコーディネーターはセンスや色彩感覚も重要な要素ですが
依頼主や施工業者側がどのようなインテリアや
空間作りを望んでいるかを感じとることが必要で
またそれに加え幅広い商品知識
しかもそれが珍しく安価で入手できるルートなど確保できれば
フリーとして独立も夢ではないでしょう

就業時間も相手に合わせることも多く時間も不規則で
土日などもお仕事が多いインテリアコーディネーター
しかし自分のやる気とセンスが認められた時の充実感はある職種

センスがいい人でないとと思われがちなインテリアコーディネーターですが
依頼主や施工業者との人間関係がもっとも大切で
つねに細かなコミニュケーションをとり情報を入手していないと
自分が良いと思うインテリアを結果押し付けてしまいがちです
相手によりいくつもの引き出しが持てるのがインテリアコーディネーターとしての
もっとも適した人柄なのかもしれません

スポンサーサイト

インテリアコーディネーター参考書はこちら 一次試験 二次試験 参考書 問題集


インテリアコーディネーター | 【2013-09-17(Tue) 20:48:11】
Trackback(-) | Comments(-)
インテリアコーディネーター 資格情報
スポンサード リンク
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。